キャッシング+

カードローンとの違い

財布

キャッシングとカードローンの違いについて知らないという方も多いかもしれませんが、どちらか一方を利用しようと考えているのであれば両者の違いをしっかり把握しておくことが大切になります。まずキャッシングとカードローンはどちらもカードを使用してフリーローン且つ無担保ローンで融資を受けることが出来るという点では全く一緒です。ただし融資を受けた後が異なり、返済の方法で違いが生じます。キャッシングの返済の方法は一般的に一括返済という方法が用いられます。借りた分だけ翌月にそっくり返済するのが一般的で、こうすることで利息を減らすことが出来るというメリットも持っています。一方カードローンの場合はキャッシングよりも融資に特化しているため返済の仕方が豊富にあります。一括返済を選ぶことはほぼなく、通常は分割返済やリボルビング払いなどで返済していくことになり、経済状況に合わせて返済を行うことが出来ます。つまり返済に対して無理なく行うことが出来る特徴があります。
キャッシングとカードローンではそれぞれで一長一短があり、キャッシングの場合は返済方法が一括で固定されているデメリットがありながらも、借入期間が翌月までになり借り入れしている期間が一定期間になります。カードローンの場合は返済方法が豊富に選べるメリットがありながら、借入期間が長期間になってしまうデメリットもあります。借入期間が長くなればなるほど利息分が増えることになるため、一括返済できない金額を融資受ける以外ではキャッシングを利用したほうが精神的にも経済的にも負担が少ないといえるでしょう。また経済能力の面でも借入期間が長くなると信用力が下がってくる傾向があります。